のぐ地久三事務所 (畜産事務所)

他の畜産施設に入る人の来社は心配(衛生面に関すること)

畜産施設への立ち入り等 衛生面に関するご質問

Q1・来社される方はどのような衛生面に注意をしていますか
A1・私たちは、畜産施設に立ち入ることに細心の注意を払っております。それは、畜産を専門に指導しており病原微生物が侵入される要因の一つに人の伝播があることを知っているからです。
立ち入りさせて頂く場合は、
1、車両は洗車したのちお客様の場所まで参ります。
2、入場する者は朝シャワーを浴びる等汚れを落としてからお伺いいたします。
3、衣服や履物は洗浄したものを使用し前日まで使用したものは着用しません。
4、お客様の指示に従い不要な出入り等衛生面に最大限配慮いたします。(入場時のシャワー等必要な対応もいたします)
5、畜舎等清浄区域に立ち入りさせて頂く場合は、ツナギ服や長靴・帽子を着用し衛生面に配慮いたします。(お客様から無償で借り受ける場合もございます)

Q2・防疫期間を定めているので、指定した日数待機してから来社してほしい。
A2・お客様のご指示に従いお伺いいたします。安心してお申し付けください。
なお、誠に勝手ながら待機した日数分の「待機料金」を申し受けます。

Q3・外部寄生虫がいる畜舎に立ち入りされていることはありますか?
A3・養鶏では「ワクモ」等があると思います。養鶏場での施設立ち入りも行っておりますので、汚染される等ご心配あるかと思います。私たちは、施設にお伺いする際に洗車をしますが、車内については、掃除機等で清掃し車内で使用した衣服は畜舎に持ち込みすることはありませんが、ご心配の場合は指示を頂ければその通りにいたしますので申し付けください。



CONTACT

養鶏ブログ(はてなブログ)nogutikusan`s diaryもご覧ください

私たちは、畜産業の皆様に特化したコンサルタント事務所です。
経験豊富なスタッフが、現場にあった「従業員研修・畜産指導」をはじめ「農場HACCP認証」「JGAP畜産」認証構築をいたします。大事な人財をもっと伸ばして仕事を楽しくさせたいという方や、自慢の畜産物に付加価値を付けたい方にも、現場目線でお客様の問題解決と人材育成をいたします。

気付くことを気付かせる。それが私たちの研修方針です。
気づくことで生産性が高まり、従業員の意識が向上します。貴重な人材がさらに価値ある人財になる。畜産業ではとても重要なことです。
そのような私たちの研修に、ご賛同いただける農場が増えております。
是非お客様も、従業員の皆さんに気づくことを気付かせてみてはいかがでしょうか。低料金で確かな研修に定評ある私たちにご期待ください。

ブログ更新情報

ブログを見る

携帯用QRコード

QRコード
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。
PAGE TOP